2017年10月7日土曜日

2017.010.07 土曜観察会

小雨~曇り 参加者 5名
 雨が心配だったのですが、雨具を羽織ってとりあえずスタートしました。
 
 里山では、案山子がお出迎え、黄色に色づいた稲穂のせいか、いつになく目立つような気がしました。
 

 さて、今日も盛りだくさん。
 鳥たちは、カケスがカマキリを咥えて飛んでいるのを見かけました。大池では、居残り組のマガモのほか、マガモ、コガモがはいっていて、オオバンも顔を見せてくれました。
 林の中では、エナガ、メジロ、シジュウカラ、コゲラの混群も飛んでいました。

 花は、ミゾソバ、イヌタデ(アカマンマですね)、キチジョウソウなどが目立ちました。



 バッタ類も色々。アオマツムシやウスグモスズはいずれも外来ですね。といっても、ウスグモスズは日本でしか発見されていない外来種という不思議な存在です。
 ウマオイや卵をもったカマドウマもいました。
    

 面白かったのは、大池の水面ギリギリを筋を引くように飛んでいたジュンサイハムシ。ジュンサイやヒシなどの大害虫ということになるのですが、千葉や神奈川では絶滅危惧に指定されているようです。繁殖できる環境がなくなっているという事なのでしょうね。
 
 このほか、クモを捕食するクモであるオナガグモが、メガネアサヒハエトリ♂と思われるクモを捕まえていたのを発見しました。
写真は、いずれもクリックするとおおきくなります。
 By yamasanae

PS. どうも、種の同定をあきらめているせいか、キノコの類を忘れていました。
 キツネノチャブクロ、アカヤマドリほか多数でした。これは不明。


  
 【観察した野鳥】
マガモ、コガモ、オオバン、ミサゴ、カワセミ、コゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、キジバト、シジュウカラ、ムクドリ、カワラヒワ、ノスリ 22種+コジュケイ、ドバト
【チョウ目】
クロアゲハ幼虫、ナガサキアゲハ、キタキチョウ、ヤマトシジミ、メスグロヒョウモン、ツマグロヒョウモン、キタテハ、ヒメジャノメ、クロコノマチョウ、ウラギンシジミ、ヒカゲチョウ、イチモンジセセリ
ウスバミスジエダシャク?、コシロシタバ、
【トンボ目】
マイコアカネ、ナツアカネ、アキアカネ、シオカラトンボ、オオアオイトトンボ、ノシメトンボ、
【コウチュウ目】
コクワガタ、ジュウサイハムシ、
【カメムシ目】ミカンクロアブラムシ、ササコナフキツノアブラムシ、ツノロウムシ、
【ハチ目】オオスズメバチ、ミカドオオアリ、
【バッタ目】
ツチイナゴ、アオマツムシ、ウスグモスズ、ウマオイの類、マダラカマドウマ、エンマコオロギ
【クモ目】
オナガグモ(獲物はメガネアサヒハエトリ♂のようです)、オニグモ、ジョロウグモ、
【その他】
ザトウムシの類、ヒタチマイマイ、
【目立った植物】
ホソアオゲイトウ(赤い穂のもの)、ミゾソバ、イヌタデ、ボントクタデ、アメリカセンダングサ、セイタカアワダチソウ、チヂミザサ、トネアザミ、ヤマハッカ、キツネノマゴ、コウヤボウキ、キチジョウソウ、





2017年9月30日土曜日

2017.09.30 土曜観察会

 先日、1990年以来、27年ぶりにリスアカネが記録されました。写真は、Maさん撮影。
 
 今日は、リスアカネ、コサナエなどを探しながら歩いてみましたが、残念ながら、見かけるのは、ノシメトンボばかりでした。どこがちがうか?♂の腹部の赤さがまず違います。見分けは、胸の模様、尾部の生殖器の形状などですが、ちょっと専門的すぎますね。
 
 今日は、きたきつねさんがお休みなので、トンボやチョウなどを中心に見ようと思いましたが、大池に行くと、ちょうど渡りの途中と思われるオシドリが2羽飛んできました。
 写真では、土手の上に1羽、池のへりに1羽います。
 
 池では、ヒシについているジュンサイハムシが大量に発生して、ハクセキレイなどは大喜びでしょうか?カワセミもかすんで見えるような気がします。(見えるかな?)
 
 今日は、ナガサキアゲハ、キイロスズメ(緑型・終齢幼虫の尾角は短く腹側に垂れるのですが、4齢幼虫あたり)、アゲハチョウ、アカボシゴマダラなど幼虫を多く見ました。
    
 このほか、久しぶりのオオウラギンスジヒョウモン、ゴイシシジミなどにも会えました。ゴイシシジミの幼虫は、日本のチョウで唯一肉食系ですが、エサとなるササコナフキツノアブラムシを見つけたのはうれしかったです。成虫も分泌液を吸うそうですが、葉裏なので撮影は難しいでしょうね。



By yamasanae
  
 
【観察した野鳥】オシドリ、マガモ、キジバト、アオサギ、カワセミ、コゲラ、アカゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ 19種
【チョウ類】イチモンジセセリ、オオチャバネセセリ、アゲハ(ミカン)、ナガサキアゲハ(ユズ)、スジグロシロチョウ、キタキチョウ、ウラギンシジミ、ゴイシシジミ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、ツバメシジミ、ウラナミシジミ、キタテハ、ルリタテハ、オオウラギンスジヒョウモン、メスグロヒョウモン、ミドリヒョウモン、ツマグロヒョウモン、コミスジ、アカボシゴマダラ(エノキ)、ヒメウラナミジャノメ、ヒメジャノメ、ヒカゲチョウ、クロコノマチョウ 24種
【ガ類】ヒメクロホウジャク、キイロスズメ(ヤマノイモ) 2種
【トンボ目】オニヤンマ、ナツアカネ、ノシメトンボ、アキアカネ、シオカラトンボ 5種
【コウチュウ目】ジュンサイハムシ、、カミナリハムシの類(たぶん) 2種
【カメムシ目】アブラゼミ、ツクツクボウシ、ミンミンゼミ、ヨコヅナサシガメ(エノキ)、オオホシカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ(クズ)、ササコフキツノアブラムシ(ササ) 7種
【クモ目】ジョロウグモ、ナガコガネグモ、ヤサアリグモ(ササ) 3種
 
 

2017年9月27日水曜日

2017.09.23 土曜観察会

曇り 参加者4名
大池の湖面は真っ赤になったヒシの葉に覆われてしまいました。これはジュンサイハムシの食害で葉が枯れてしまったためのようです。
ヒシの枯れた葉の上に、オレンジ色のジュンサイハムシの蛹が多数付いているのが見えました。

カケスの渡りが始まっているようで、雑木林の中で姿も声も多数確認できました。アカゲラも戻ってきたようです。カラの混群もできているようで、シジュウカラ、エナガ、コゲラ、メジロの群れが通っていきました。
秋になると南から北上してくるウラナミシジミが今年も見ることができるようになりました。
ナツアカネが顔まで赤くなっていました。
珍しいトビナナフシと出会えました。自分で見つけることができたので、ちょっと嬉しくなりました。
サトクダマキモドキがいました。
フキバッタは翅のないバッタです。
オオスズメバチが樹液をなめにきていました。冬を迎える前に巨大になった巣を維持するために活動が活発になるので、林の中を歩く時は周囲しなければなりません。
樹液のでているところにコクワガタもいました。
ヒダリマキマイマイを見るのは今シーズン初のような気がします。それにしても大きなヒダリマキマイマイでした。
谷津田、林の中と観察路でアカガエルを沢山みました。雨が降った後なので動きが活発なのでしょうか。
山芋のツルの途中にムカゴが膨らんでいました。ムカゴご飯は美味しいですね。
オスグロトモエがいました。羽根のともえ模様が特徴の大きなガです。

【観察した野鳥】
マガモ、キジバト、ゴイサギ。アオサギ、ダイサギ、クサシギ、ミサゴ、トビ、オオタカ、カワセミ、コゲラ、アカゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ 25種+コジュケイ

2017年9月16日土曜日

2017.09.16 土曜観察会

曇り 参加者16名
 
日本野鳥の会茨城県の探鳥会を兼ねての土曜観察会です。気温が下がってきたので参加者が多くなりました。実りの秋で、今年は柿が大豊作のようです。

 池にはサギ類がエサを取りにきていました。渡りの途中のコガモが翼を休ませていました。池の水面を覆っているヒシがヒシハムシに食われ全体が赤く枯れ始めていました。

雑木林でカラの混群で出会うことができました。カラの混群に会うと秋を感じます。不思議なことに、3週間連続してウグイスを確認できませんでした。

アオモンイトトンボ

クロクモヒロズコガ
オオスズメバチが樹液をなめに来ていました。この時期はスズメバチの活動が活発になるの気をつけて歩かなければいけません。
ホオジロの若鳥がいました。
アキノノゲシ
キノコも沢山でてきました。
【観察した野鳥】
マガモ、コガモ(10)、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ 21種+コジュケイ、ドバト

2017年9月10日日曜日

2017.09.10 月例観察会「ハチ」

 講師は、茨城県自然博物館の久松正樹さん。県博で開催中の企画展「昆虫大研究プロジェクト」の責任者であり、この日も、午後から「ヒアリ講演会」が行われるそうで、少し、早めに帰らなければなりませんでしたが、時間一杯、汗をかきながら、ありがとうございました。
 今日も、参加者が一杯(集計中)。
 集合場所で、クズの花にきていたアオスジハナバチを見てスタート。途中のニラの白い花にきていたのは、ヒメハラナガツチバチ、アカガネコハナバチ。ハギの花にもシロスジカタコハナバチなどもきていました。とはいっても、小さくてなかなか見分けは難しいですね。モンスズメバチ?

 大池の土手のところに仕掛けたあった竹筒には、いろいろなハチが巣を作っていました。エントツドロバチは、巣の入り口が煙突(えんとつ)のようで面白かったです。
 


 巣を割ってみると、中には、幼虫。エサとなるガの幼虫が一杯の区画もありました。





  巣からどうやって出ていくのか?奥から先に生まれているので、壁を破って出るのも大変?どうやら、入り口付近には、早く成虫になる♂、奥のほうに遅く成虫になる♀が産み付けられているようで、うまくできているようです。


 これは、ムモントックリバチ。トックリのような巣の中から、まだ白いさなぎがでてきました。


 これは、オオフタモンドロバチの巣?だったかな。ガの幼虫のなかに少し黄色めですが、透きとおった幼虫がいました。


 これはヤノトガリハナバチトバリハキリバチの仲間?

 講師の久松さんからは、アオスジハナバチ、ハラナガツチバチ(昆虫の幼虫に寄生)、アカガネコハナバチ、シロスジカタコハナバチ(腹にも花粉をつける)、エントツドロバチ(巣も)、ムモントックリバチ(巣も)、ヤノトガリハナバチトガリハキリバチ、モンスズメバチ(巣)、オオフタオビドロバチ(巣も)、キイロスズメバチ、クロスズメバチ、フタスジスズバチの巣など色々教えてもらったのですが、全部はとても無理でした。
 久松さんからのメールで修正しましたが、結構あっていたかな?
 みんなは、どの位、記憶に残っているでしょう?
 By yamasanae

 なお、写真(日付入り)、記録については、Sa-kさんから提供してもらいました。

久松さんからメールがありました。
9月10日観察会で見ることができたハチ
ドロバチ科
 エントツドロバチ,エントツドロバチの巣(煙突が出ていた巣)、オオフタオビドロバチ,オオフタオビドロバチの巣(きれいな仕切りがあった巣)、フタスジスズバチ,フタスジスズバチの巣(葉っぱが入っていた巣)、ムモントックリバチ,ムモントックリバチの巣と中に入った蛹、もしかするとフカイオオドロバチの巣(入口の栓がでこぼこしていたもの)
スズメバチ科
 モンスズメバチ、キイロスズメバチ、クロスズメバチ、キボシアシナガバチの巣
ツチバチ科
 ヒメハラナガツチバチ
アナバチ科
 コクロアナバチの蛹、コクロアナバチの巣、アメリカジガバチの巣(?だったので,持ち帰らせて頂きました。おそらくアメリカジガバチでしょう。竹筒につくるのは見たことがないので,親になるまで飼育します)
コハナバチ科
 アオスジハナバチ、シロスジカタコハナバチ(だと思う。小さかったので・・・)、コハナバチの一種、アカガネコハナバチ
ハキリバチ科
 ヤノトガリハナバチ(観察会では,トガリハキリバチと答えたかもしれない)、ツツハナバチ属のハチの巣(丸い蛹と花粉,幼虫のうんこが入っていた巣。ツツハナバチかマメコバチだと思うが,巣だけでは分からない)